HOME>記事一覧>接骨院や整骨院経営の問題点と必要なサポートを得る方法

資格を取ったら自分の接骨院を開業したい

スポーツによる怪我や加齢による身体の不具合を、病院とは異なる手技を中心としたアプローチで改善するのが接骨院や整骨院です。そこで活躍しているのが柔道整復師。柔道整復師は専門的な教育を受けた後に、試験に合格した者だけが名乗ることができる人気の国家資格です。柔道整復師の多くは、自分自身の接骨院や整骨院を開業することを目標として頑張っています。しかし、実際の開業や経営にはいくつかの問題があるのも事実です。そこで、力になってくれるのが接骨師会や柔道整復師会といった業界団体です。これらの団体に加入することは、柔道整復師としてまた経営者としても大きなメリットです。

経営や開業に必要なサポートをしてくれる

接骨院や整骨院を経営していくためには、保険請求や会計処理など柔道整復師としての本業とは直接関係のない業務も必要になります。そして実はこれら諸々が、経営にとって大きな負担となりがちなのが現状です。そのサポートや代行を行ってくれるのが接骨師会や柔道整復師会です。またこれらの業界団体では、開業時に必要なさまざまな支援も提供しています。

スキルアップやネットワークづくりにも

開業した接骨院や整骨院がより多くの支持を集めるには、経営者としてまた柔道整復師としてのスキルアップに努めることが重要です。接骨師会や柔道整復師会では、そのための研修やセミナーを開催しています。また同じ資格を持つ仲間同士のネットワークをつくる上でも、業界団体への加入にはメリットがあります。

広告募集中